忍者ブログ
■コメントは記事末尾の < COMMENT > へ。 『 拍手内のコメント欄 』は機能的に意味がないので書かないでください。 
[116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]

当会は、上尾市の行政経営部財務課に出前講座をお願いし、予算編成のご多忙な時期にもかかわらずご承諾を得ました。財政に関する出前講座は上尾市では初です。
    

テーマ (仮称)上尾市の財政事情

日時 11月21()  

  • 前半(出前講座) 午後130分~3(講義1時間、質疑30)
    内容は行政側が組みますが、決算(予算)よりも財政事情に重きを置くように依頼してあります。大型モニタ(PowerPoint)と配布資料を使います。質問は1回1分以内とします。
  • 後半(自由参加) 10分休憩後~4時 本会報告と講座の感想会、アンケート等

場所 市民活動支援センター会議室(駅前図書館3)
募集 20名 (先着順・事前予約制です)
参加費 資料代は住民負担のため100200円を予定

●趣旨
 出前講座とは、要件と手続きを経れば行政が先生役となって市民に教えてくれる良い制度です(行政に意見を述べる場ではなく知識を共有する場です)。さて、自治体が抱えるあらゆるテーマの根底にあるのが財政、つまりおカネの問題ですが、市民はおろか議員や職員までもが苦手意識を持つ分野です。だからこそ、この機会にほんの少しでも学んでみましょう。
 実は、市の税収ピークは10年前なのに、予算(生活費)は年々増え今は630億円です。どうやり繰りするのでしょうか、不思議ですね。そのやり繰り算段の秘訣や苦労話を聞いて、安心するかそれとも不安になるかは、来てのお楽しみです。というわけで、本企画が財政問題の理解の一助になれば幸いです。 




申し込み 11/19(月)までに下の4項目を記入してお申し込みください。
 本館を守る会メール  ageoshi@gmail.com
 1. お名前(フリガナ付き)
 2. 郵便番号と住所
 3. 電話番
 4. ご受講の動機 (この記入は任意ですがなるべくお書きください)


個人情報の扱いには十分注意を致します。満席の場合はご容赦願います。
●参考サイト 埼玉県庁でみる市データ
 
 
以上
 
 
 

PR

コメント
無題
趣旨は分かりやすくよいと思います。
義務的経費比率は簡単な説明があった方が。
「比率が高いと財政健全化の障害になる」とか。
【2018/11/04 11:37】 NAME[はるか] WEBLINK[] EDIT[]
無題
ありがとうございます。
図は挿絵のつもりでしたが、返って障害になったようなので直しました。
お知り合いを誘ってのご出席をお待ちしております。
【2018/11/04 22:33】 NAME[管理人] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
カンリニン
性別:
非公開
ブログ内検索